竹職人 毛利健一(号 有彩)

竹職人 毛利健一

 

日本一の湧出量を誇る温泉地としてまた、竹細工の街としても有名な

大分県別府市で生まれ育ちました。

 

竹細工師の亡父 正則の影響で、幼い頃より生活の一部として、竹は常に身近なものでありました。

 

高校卒業後、一旦は印刷会社に就職するもののサラリーマン生活が肌に合わず、地元別府に戻り竹細工の道を志すこととなります。

 

以後約35年間、竹と向き合い、新たな素材と出会い、枠にはまらない自由な発想で様々な挑戦を続けています。


【プロフィール】

1956年  大分県別府市に生まれる

1980年  竹細工の工房を創業する

1989年  大分県臼杵市佐志生に移転『竹巧彩』設立

1997年  '98パリコレクション コシノジュンコ氏と提携出品

2015年  アメリカ フィラデルフィアドレクセル大学にてレクチャー

2016年  アメリカ サンフランシスコSonoma Valley Museumにて ワークショップ開催

 

【受賞歴】

第  7回全国伝統的工芸品展 中小企業庁長官賞受賞

第20回全国伝統的工芸品展 内閣総理大臣賞受賞

第23回全国伝統的工芸品展 NHK会長賞受賞

 

朝日現代クラフト展 入選

国際デザインフェア金沢 入選

 

【展示会】

日本各地のデパート・ギャラリーで個展開催

シカゴ展示会参加

韓国展示会参加